時置師

できることはできる できないことはできない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パーパ、胡蝶にGHB投与

ダディ、自室で仕事復帰。
(正式な仕事復帰ではなく、構成員からこっそり依頼された書類の訂正点検、アドバイスなどのささやかなもの)
幸か不幸か、これの所為でもやもや悩む頻度はかなり減った。
でも、やっぱり赤ちゃんのことが頭を掠めるの。
この時点で胡蝶さんが別室に隔離されたことを説明。

突然、ノックも無しにドアを開けてパーパ入室。
仕事をしていることがばれたのかと慌てるダディ。
さりげなくぎこちなく書類を隠そうとするダディに頓着せず、
子兎の使っていた薬を要求するパーパ。
動揺しつつもばれていないことに安堵して薬を渡すダディ。
パーパ退室。

足音を聞きながら、少し冷静になって考える。
あの薬が何故必要なのか。こう詐欺が使うにしては時間が早すぎるし、
常用しているなら本人が持っているはず。
何となく嫌な予感がして、パーパを追おうと部屋を出る。

部屋を出た途端、長男に進路を阻まれる。
パーパの命令か自己判断か。
ダディなら追ってくるだろうと予期して、それを阻止するためにいる感じ。
ダディが問い詰めても口を割ろうとしない。
長男が散弾銃を持っていることに気付いてさらに不安が募るダディ。
抗議(押し問答)している所でパーパの長男を呼ぶ声。
応じて走る長男。追うダディ。

辿り付いたのは胡蝶の隔離されている部屋。
部屋を覗いてみるけどもパーパと長男の陰になってて
胡蝶さんの姿は見えない。
(薬が作用するまで大体10分。長男との押し問答の時間によっては
暴れてる胡蝶さんの気配とか感じるかも)

暫くして、胡蝶を抱えたパーパが出てくる。
長男と何事か言葉を交わして(きっとジャックが来た時の流れ)
パーパは自室に行く。
長男はダディを説得した後パーパに続く。
(ここでリジーが来る事と、絶対部屋から出るな、位は言ってても良いかも)

取り残されたダディ。
暫くぼんやりして、部屋に戻る

(さて、どうやってダディを説得して、部屋から出さないようにする?)
fin
スポンサーサイト
  1. 2008/05/18(日) 01:00:47|
  2. プロット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ポトカさんと赤ちゃん

ポトカさんの店の中、開店準備をする赤ちゃん
(私的には大量のクッキーをショーケースに入れる作業希望。つまみ食いOK)

準備が終わったら、調理場にいるポトカさんの所へ移動。
仕込みをしているポトカさんに作業完了の旨を伝える。
ポトカさん、了承の意味で笑顔or頷く。
自分の作業が終わったら朝食にするのでテーブルの用意をするようにお願いする。
赤ちゃんわはー。

食事風景。(メニューはお任せ)
此処でリジー抜けた後、ポトカさんに拾われるまでの経緯を
説明するのが宜しいかと。

ポトカさん、唐突に赤ちゃんへ問いかけ。
暫く見ない間はどうしていたのか的な事。
(再開した時は聞ける雰囲気じゃなかったので今…みたいな感じ?)
赤ちゃんわはーで誤魔化す。
内心は多分動揺しつつ、ご飯終わったら開店

終了
  1. 2008/04/06(日) 09:38:09|
  2. プロット

時間系列案

胡蝶、パーパに弄り倒される(間違ってない)mll
ダディ、軟禁状態でもよもよ(赤ちゃんの話題)bbb
胡蝶、長男を人質にbbb→mll
パーパ、胡蝶にGHB投与(11/29)

蝋燭男、気まずい空気の中帰還jbn
胡蝶面会1(初対面)手紙は長男にjbn
手紙読んだダディ、胡蝶に赤ちゃんの事相談bbb

胡蝶面会2(徒然世間話)jbn
ダディ、次男と接触。指輪の受け渡しbbb
リジー、蝋燭男にツッコミ(会議中姿を消す件について)jbn

胡蝶さんママになる(?)mll
赤ちゃん、菓子店で住み込みバイトbbb
胡蝶さん、魔女言葉覚えるmll

パーパ、胡蝶さん勧誘mll
赤ちゃんと次男接触。指輪の受け渡しbbb
胡蝶面会3(略奪)jbn

蝋燭男、夜の街をブラブラ。偶然会った赤ちゃんに思いの丈をぶちまける。lbn
赤ちゃん、パーパと帰宅。bbb
赤ちゃんとダディ、再会。bbb

蝋燭男、胡蝶と最終面会。お別れ
蝋燭男、ノテコと接触。仮死状態でリジーと帰還






  1. 2007/12/24(月) 11:55:35|
  2. プロット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダディ、軟禁状態でもよもよ(時系列案参照)

部屋の中、無言のダディ。
胡蝶は眠っているようでこちらも無言。
ダディは仕事もないしやる事も無いので動物園の熊状態。
うろうろしたり、本読んで3ページくらいで中断したり忙しない。
で、何考えているかというと、赤ちゃんの事。

ダディ、読んでいた本を閉じて胡蝶に声をかける。
「起きているんだろう?」的な声かけ。
胡蝶反応せず。更に声かけると煩そうにダディの方を向く。
不機嫌極まりない胡蝶さんに一瞬躊躇。でも話しかける。
内容は赤ちゃん一色。
最初は、胡蝶の店に来ていた赤ちゃんの様子を聞き、
その後は一方的に同居してた頃の赤ちゃんの様子をだらだら騙る。

初めは退屈だったのもあって、寝た振りがてら聞いてる胡蝶だが、
あまりにもだらだら会話が続いてきて嫌になる。
「ゴチャゴチャ五月蝿いんじゃ!貴様何様のつもりじゃい」(Byマツケン風)
的に抗議。結局何が言いたいのかと問い詰める。

言われて言葉に詰まるダディ。
ポツリポツリと本心(?)語りだす。
グダグダ言い続けるけど要約すると
「赤ちゃん連れ戻したいけど、嫌がらないかな?
 無理強いしたくないけど、超心配」

胡蝶、会話を遮る意図での盛大な溜息。
寝ると言い残して顔を背ける(もう聞かないよ意思表示)
おろおろするダディ。
そりゃ胡蝶さんが相談乗ったり、助言してくれるような人間じゃないと
解っていつつも話し中断されたらもよもよする。
なお呼び止めようとして「もうお前の好きにしろよ」
と怒鳴られ、声をかけられなくなる。
仕方なく机で頭抱えてもよもよ続行。

ふとした拍子に指輪が視界に入る。
この指輪にまつわる思い出とかを思い出しつつ
やっぱり赤ちゃんの事考えて

終了

  1. 2007/10/14(日) 21:44:06|
  2. プロット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胡蝶と魔女会話

共同スペース内。(おそらく朝早くか昼休み位)
長男と次男が談笑している。
そこに胡蝶が入室。
一瞬固まる長男次男。

胡蝶、何も気にせずに空いた席に座って
テーブルに置かれた菓子なんぞをぼりぼり食ってる。
長男次男、安心して会話再会。
それをぼんやり聞く胡蝶。
少し集中して、二人の会話の内容を探ろうとしている様子。

胡蝶、不意に二人に呼びかける(魔女言葉希望)
二人とも驚いて胡蝶を見る
そんな二人を見ながら「今日の昼飯(晩飯)は?」とか聞く。
最初吃驚してた長男は何かを考えるように胡蝶を見ている
胡蝶、同じ質問を繰り返す。

「おそらく○○です。」
(料理は何でもいいべ。ジュリアンヌとか・・・)
とか答えつついぶかしげな表情で胡蝶に近づき、
この言葉を誰から習ったのかと聞く。
言外にダディが教えたのかと聞いている。

一瞬YESと答えても面白いと思いながらも
構成員が話しているのを聞いて覚えたと答える胡蝶
長男は疑いの表情を崩さないまま、
何処まで理解できているのかとさらに問う。
共同スペース内で話している内容なら、と答えて
ニヤニヤ胡蝶。
(この辺り全部魔女言葉にすると片言な胡蝶さんハァハァだよな)

「覚えの早いことで」と呟いて次男を振り返る長男。
これからは仕事の話はここで出来ないねと笑う。



ストーリーの進行具合によってディティールが変わると思うので枠組みだけ。
ちょっと短めなので他のエピソードと絡めたほうがいいかも・・・


終了
  1. 2007/05/30(水) 12:35:17|
  2. プロット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

オホゲツ

Author:オホゲツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。