時置師

できることはできる できないことはできない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二人の関係

胡蝶:

本人無自覚愛情飢餓状態。
蝋燭男を幼い頃の自分と同一視して、
彼を可愛がる事で自分の愛情飢餓を和らげている。

結果として蝋燭男への過保護やら「親離れ」の拒否が
無意識的にあったり。
でも、蝋燭男を「個人」として見る視点もあるんだよな・・・。


蝋燭男:

胡蝶に複雑な愛憎感情を持つ。

幼い頃から特殊な訓練受けてる自分よりも、
戦闘能力の高い胡蝶に尊敬と嫉妬を同時に感じている。

胡蝶のようになりたいけども、半端に頭と察しがいい所為で、
そんな日は絶対に来ないと解っている(思い込んでいる)

同等の立場に立ちたいのに、胡蝶はそうしてくれない
(これは胡蝶が蝋燭男に幼い頃の自分を重ねている為)
そのことに対する不満と「実際胡蝶の方が自分より優れているから」
という思いの中で板ばさみ。





蝋燭男は極端な話、胡蝶がとんでもなく酷い目に会えばいいと
思ってた時期があったりとか。
胡蝶の戦闘能力や知識やその他諸々が全く役に立たないような
どん底の境遇で苦しめば良いとか思ってて。
そんな胡蝶を自分が助けるんだとか。
ぶっちゃけ胡蝶が自分だけに頼って依存して離れられなくなればいい
とか思ってそう。
でも蝋燭男が解決できるんだったら胡蝶自分の力でなんとか出来る
ってのは蝋燭男解り切ってるだろうし、
そんな事考えてしまう自分にも自己嫌悪蝋燭男とか。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/09(土) 12:21:39|
  2. 蝋燭男関連

プロフィール

オホゲツ

Author:オホゲツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。